logo_sp

IT戦略

TECH STRATEGY

banner

IT戦略

TECH STRATEGY

banner_sp

インターワークスのIT戦略を
推し進めるIT戦略本部長が語る、
ITという側面での
今後のインターワークスとは…?

JOINした理由

img_active img_active_sp

工業高校から大学院までずっと建築を学んでいましたが、大学の頃からデジタルデザインに傾倒してしまい、WebデザインのフリーターからWeb業界に入ることになりました。その後小さな開発会社のデザイナー兼エンジニアを経て、前職のY!J子会社(当時はSBの子会社)に入社し、いろいろな立場を経験しながら10年ほど在籍しました。

前職で開発部門の「組織」に係わることで、組織を作っていくプロセスとその要素の重要性を知りました。弊社には、僕が大事だと考えるプロセスを実践することで、改善できる部分が大量にあると感じます。最近VPoE(Vice President of Engineeringの略:採用から社内制度の設計まで、エンジニアのマネジメントの全てを統括する役割)という立場が知られ始めましたが、以前から同様の事を意識していたと思います。その「組織」を作っていくという可能性を感じて、弊社に入社しました。

IT戦略本部について

現在は、少し前まで1事業の1部門だった規模・仕組みを引き継いでいるに過ぎません。

サービスシステムを開発運用する業務がメインですので、全社的要求に必要なエンジニアとしての機能の幅が追いついていないのが実態です。その時々で課題や価値を感じたメンバーが、スカンクワーク(企業内で一部の有志が新しい事業や技術を自主的に開発すること)的にその要求をこなしていたり、他部門から随時ヘルプしてもらって何とかしている状況です。

しかし今はもどかしい状況ではありますが、この価値と対処法を知っている人材がいるということは、対処できるようになるのは単に時間の問題だ、とも感じます。名前通りITの「戦略」を組むための、地盤を固めるフェーズに今まさにいると思います。

当社のIT課題

現在は、「技術的課題」が大きく積み上がっている状態になっています。単にその原因は、適切なジャッジが組織でされないまま、時間が経過してしまったことです。適切に情報を蓄積し、分析し、報告し、議論し、決断する、といった標準的な事がされてこなかったので「組織的課題」と言ってもいいでしょう。

標準的な手法、プロセス、フォーマットが存在しておらず、それがあっても継続する力が弱いので、それが根付いていない。まさに僕が大事だと考える要素がまだまだ足りず、改善対象の塊に見えます。

課題解決に向けて

前述したように、組織的な要求に応えられる体制整備と同時に、意思決定の標準的なプロセスや手法の整備も必要です。徐々にこの知識と経験がある人材が増えていますので、推進力も比例して大きくなると思います。

「STANDARD(標準的)」であることは、IT業界でも建築業界でも、技術的な業界ではどこでも大切にされます。長年の失敗と成功の積み重ねを取り入れる事で、各種規格は熟成され、それに従う事で成果物の品質が高く安定して維持されるからです。

この考えを踏襲して、当社でのスタンダードを確立して、定着・熟成させていくことが、現状の課題解決の王道だと考えています。それはコミュニケーションのプロセスと作法のガイドラインであったり、それらを役職者がきちんと理解して実践することであったり、その意味を若手に教育啓蒙することだったり…。

組織成熟の観点では、論点が明確でかつ「ITは普通のツールであり、銀の弾丸ではない」を前提とした議論が日常になる、というのは一つの成果指標でしょう。僕が考えるスタンダードの実践が積み重なれば、おのずと組織全体がそのようになると思います。そんなスタンダードをみんなが「当たり前」と言えるように、組織的に整備を進めていきます。

未来の仲間へ

僕自身、人材業界に身を置いてまだ2年程度ですが、IT領域のフロンティアであると感じます。今有名な企業も、かつては同様のフェーズがあって、そこで議論され解決されてきた土台の上に成り立っています。まさに当社もその過渡期にあり、適した人材は大きな裁量の元で力を発揮するポジションが多くあって、システム・組織・カルチャーを作り変えていける土壌があります。

■ミドル以上の方へ
環境を自分たちで作り変えるフェーズなので、幅広くキャッチアップして、論理的でブレずに組織横断で推進できる力量を求められます。対象のシステムは、上流から下流まで常に「どう作り変えるか」が課題で、そんなシステムを生んだ組織環境も、同様な議論の対象であり続けています。ただし、同様な経験を持つエンジニアは世の中に意外と多いので、自覚している人は「腕の見せ所」が多いでしょう。

■若手の方へ
安定して組織で勝つための枠組みを作る過程なので、プログラム以外にも強みを持つ人は、特に合っていると思います。論理的な振舞いの価値がいま特に高く、若くてもエンジニアが提案できる対象は幅広い上に、ソリューションになりやすい状況です。また一般的には得がたい、組織ステージ変化の当事者経験を、かなりの確度で得られる場所でもあると思います。

当社のIT領域は、事業ごとに川を渡り谷を越え海に乗り出す、いくつかのフェーズにさしかかっています。それを楽しめる、興味がある人は、きっと当社でハイパフォーマーの素養がある人だと思います。

pic pic_sp
IT戦略本部 本部長
小笠原 泰樹

ENTRY

インターワークスでは私たちの理念に同意いただける仲間を広く募集しています

インターワークスでは
私たちの理念に同意いただける仲間を
広く募集しています