logo_sp

エンジニアとしてのキャリア

CROSS TALK

banner

エンジニアとしての
キャリア

CROSS TALK

banner_sp
profile01

S. H

2018年中途入社

IT戦略本部アプリエンジニア

profile02

N. N

2019年新卒

IT戦略本部エンジニア

profile03

O. M

2016年中途入社

IT戦略本部アーキテクト

入社理由

僕はものづくりが好きなんです。エンジニアになろうと思ったことも同じで、ものづくりに関われることに魅力を感じたことがきっかけです。エンジニアとしてWebサービスやメディアのものづくりに関われることが良いなと思いインターワークスに入社を決めました。
エンジニアとしての進路だとSIerとうちみたいな事業会社があるけど、どちらがいいなと思っていたの?
事業会社が一番いいなと思っていました。SIerのお客様から依頼されたものを作るというサービスよりは、自社のサービスを作りたいと思ってたんです。自分はプログラミングは手段だと思ってるので、ものづくりが出来る環境を求めて就職活動では事業会社を希望していました。
そうなんだ。
私は転職をしてインターワークスに入社したけど、前職はSIerだったんだよね。お客様のシステムを作ったり、改修したりをしていたよ。でも仕事をしていくうちに、何でお客様がこのシステムを使いたいのか、改修したことによってお客様がどうなっているのか、効果はどうなのかサービスの部分が気になるようになったんだ。だからもっとサービスに近い仕事をしていきたいと思って事業会社を希望して転職したの。
あとは、前職は従業員が800人くらい規模の会社で、システム自体も数百人が携わる規模だったんだけど、其の分チーム分けも細かくて技術的にも一人が出来る範囲が狭かったんだよね。全体を把握するために技術力を幅広くつけたいと思ったことも転職を考えたきっかけだったな。 インターワークスの面接では当日の面接官の人に「Oさんが今やりたいって言ったことはインターワークスでできる」と言われて入社を決意したよ。
私も転職してインターワークスに入社をしたんですけど、私は前職も事業会社でした。でもインターワークスよりももっとベンチャーに近い会社で開発も個人開発だったんです。だからチーム開発を経験したかったことと、もっと大きい基盤のサービスに関わりたいと思ったことが転職のきっかけでした。
あとは前職までは売上を増やしていかないとサービスが消えちゃうひりひりした状況だったので、もう少し安定した会社で仕事をしてみたいなと思ってたんです。
今回も事業会社のインターワークスに入社を決めたのは、やっぱり会社と一緒に成長を楽しめると思ったからですね。面接のときに「これからどんどん人を増やして成長していくから」とIT戦略本部長のOさんに言われて、その成長を一緒に楽しみたい!と思ったので入社を決めました。
pic01 pic01_sp

業務内容

私はメディア事業が提供しているサービスのインフラ部分の担当をしています。例えばインターワークスで使っているサーバーが日々ちゃんと動いているか監視をしたり、検証をするためのサーバーを構築したり、WEBサイトで使用するためのドメインやSSLの更新をしたり、地味な仕事をしています。(笑)
でも地味な仕事だけど責任重大で大事な役割だと思っているのでやりがいも面白さもあります。
地味な仕事だけど面白いですよね。
面白いですね!例えばエラーが出たときにはログを一つずつひたすら見ていかないといけないんです。そのあたりがすごく地味なんですけど原因が特定できた時にチームみんなで共有するんです。「みつけた!」みたいな。(笑)
発見が多いですよね。
私の業務は、今インターワークスで運営しているいろいろなサイトの中で動いているサーバーサイドの開発、プログラミングです。そのほかにはプログラムにおいてどういうロジックで動いているか仕様の調査もしますね。あとは自分が使ったり部署の人が使うツールを自分で作ったりしています。
例えば手で一つずつチェックをする単純作業を自動化してみたり…
今時っぽくなってるよね。(笑)
ちょっとずつ今時に近づけようとしてます。(笑)
Nさんはインターワークスで学びたいことは何かある?
サービスが自体がどういうふうに動いているのかということに関しては現時点では全く知らないので、まずはそのロジックを学びたいですね。あとはチーム開発も学んでいきたいです。インターンではやっていたんですけど、実際実務でやるってなると絶対レベルが違うと思うので。
そうなんだね。
私はインターワークスに入社して出来るようになったことは結構ありますね!前職は業務の進め方やツールも決まっていたんですけどインターワークスにきてからいろんなツールを使ったり、転職をして初めてAWSも実際に構築して動かすことができるようになりました。あとはGitでコードを管理したり今までよりも幅広いツールや手法に手をつけられていると思います。
私は前職がとても自由で決まったことがあまりない環境だったので、インターワークスに入社してちゃんとしたフローに則った開発を学べているなと思います。あとはやっぱりチーム開発ですね。他の人のコードを見るということが今までなくて自己流にしかできていなかったったので、今はとても勉強になるところが多いかなと感じています。
pic02 pic02_sp

わたしの夢

私はいろんな領域で活躍できる人になりたいな。
今まではずっとインフラだけの担当だったので視野が狭かったんだけど、インフラをやるにしてもアプリケーションがどう動いているかということを知ってるのと知らないのでは全然違うし、自分のサービスや仕事に対しての思い入れ的にも違うので、まずはもっとアプリを勉強したいなと思ってるよ。
あとは開発だけではなくてインターワークスは営業さんが一杯いるけど、現時点では営業と開発は直接的なコンタクトが少ないんだよね。だからもっと営業サイドにも寄りたいし、営業さんにも開発側に寄ってきてほしい、という思いがあるんだ。そのほうが自分ももっと工場ワークスを好きになれるし、営業さんがこれだけ頑張って売ってきているからシステムも頑張って支えてあげなきゃという自分のモチベーションにもつながると思うしね。営業と開発間の架け橋になれるような人になりたいな。
私は開発力を上げることはもちろんですが、本当の意味でのフルスタックであり、且つ人を育てられる人材になりたいと思っています。プログラミングだけ、開発だけではなく、マネジメントもできるようなエンジニアになりたいですね。
僕はOさんと似ているのですがいろんな知識を身につけたいと思っています。技術の知識はもちろんですが、それだけではなく、ビジネスのことや技術以外のことも積極的に学んでいきたいと思っています。
今のIT戦略本部長のOさんはマネジメントをする傍ら、自らの技術力を使って業務の自動化をしたりしているので、良いお手本が身近にいる環境だと思う!4月から一緒に成長していこうね!
pic03 pic03_sp

※記事の内容及びプロフィールは2018年10月の取材当時のものです

ENTRY

インターワークスでは私たちの理念に同意いただける仲間を広く募集しています

インターワークスでは
私たちの理念に同意いただける仲間を
広く募集しています