logo_sp

若手が語るインターワークス

CROSS TALK

banner

若手が語る
インターワークス

CROSS TALK

banner_sp

T. Y

2016年新卒入社

紹介事業部紹介コンサルタント

I. H

2017年新卒入社

M&S事業部営業

K. Y

2016年新卒入社

M&S事業部営業

入社理由

私は面接のときに、面接官が私自身のことを深く知ろうとしてくれたことが決定的でしたね!
大体は「将来どんな社会人になりたいか?」などの将来に対しての質問ばかりだったんですけど、インターワークスの面接は会話みたいに進んでいって、その中でお互いの学生時代の話をして時代の差を感じたり、私はダンスをしていたのでどんな踊りなのか、など楽しく話していました。
私自身を知ろうとして決めてくれるのだと感じたのが一番の決め手です!
Tさんは?
僕は最初教員になろうとしてたんだけど、社会を知りたいなと思って人材とか教育を受けていたんだよね。
選考を受けて行くうちに人材に興味を持ったんだけど、その中でも人が関わって決定した採用にお金を頂くサービスである人材紹介事業に興味を持ったんだ。
いくつか紹介会社は受けて大手の選考も進んでいたけど、少ない人数でより裁量権があるインターワークスに決めたんだよね。年功序列じゃないところが若いうちから昇進も含めていろいろチャンスがあると思ったんだ。
僕もT君と同じ部分が非常にあるなと思った。僕も新潟出身だけど、自立して東京で働きたいと思っていたんだよね。あとは業界も全く絞っていなくて説明会もメーカー・アパレル・商社と幅広く回っていたけど、一つ自分の軸だったことは自分である程度裁量を持てたり、考えたものが形になりやすい会社ということだったかな。とはいえ、経営が不安定なところだと不安があったので、上場企業から探していたよ。
pic01 pic01_sp

業務内容

私は工場ワークスの提案営業をしています。
お客さんは中小の製造系派遣会社で、そちらのスタッフ採用のお手伝いをしています。
自分の担当しているお客さんに状況を聞いて提案したり、新規のお客さんを増やすために営業をしたりするのが私の普段の仕事です。
派遣会社はスタッフの方のことをとても大事に考えていて、働く環境を整えたり、その人にあった働き場所を用意したりしていて勉強になることや一緒に頑張ろうって思えることが多いです!
僕もIさんと業務は似ているけど、お客様先が違うよね。Iさんは派遣会社がお客様だど、僕は派遣会社とメーカーも担当してるよ。
メーカーの場合はもちろん採用がない場合も当然あるけど、派遣会社の場合は継続的な採用ニーズがあることが大きな違いかな。あとは派遣会社と比較すると工場ワークスを利用頂くメーカーの場合は求人広告に関する認識があまりない企業もあるから、そもそもどんなサービスかという細かいところから説明をしたりすることが違いとしてあるね。
あとは派遣会社は広告も多く利用されているし、採用手段もたくさん知っているから専門的な知識も必要になりますよね。
そうだね。必要なインプットの情報が違ってくるね。メーカーの場合だと業界情報が必要だったり、派遣会社だと細かいデータが必要だったりするよね。
僕は紹介事業部でミドル・ハイキャリア層、年収700万円~800万円以上の方々を中心にした即戦力人材の転職コンサルタントをやってるよ。企業によって企業側担当と候補者側担当で分かれているところがあるけど、インターワークスは企業側も候補者側も一人が担当する両面型(一気通貫型)だね。今、僕は急成長中の情報サービス業界、大手外資系IT企業、世界的コンサルティングファームなどを担当しているITチームのリーダーをしているよ。
リーダーをやってみてどうですか?
大変だね。(笑)
一人のプレーヤーだったら売上は自分の責任だけだったけど、今は自分の発言によってチームのメンバーのやり方も変わるし、売上も変わるし責任感があるね。実は最初はもう少しプレーヤーとして頑張ってみたいという気持ちもあったんだけど、チームを持つことで一人じゃ出来ない企業数を担当できたり、効率的に売上を上げる方法を考えるようになったり、業務の幅がすごく広がって、見える景色が変わったと思ってるよ。だから、今では早くリーダーを経験できてよかったなって思ってるんだ。
ミドル層以上の人材紹介に携わることへの難しさはある?
ミドル層以上の人材紹介だからといって業務としてやるべきことはあまり変わらないかな。
でも候補者の方がもちろん業界に詳しいから、コンサルタントの立場として候補者一人で転職活動してもできないところの情報を提供したりフォローやサポートをどれだけするかが大事だと思ってるよ。
両手型のメリットはその企業と候補者の生の声や情報を届けられることだよね。
pic02 pic02_sp

わたしの夢

私は社内でも社外でも、「信頼される人」を目指しています!
営業として、商品がいいから買ってもらうのではなく、「Iさんがやってくれるから」という理由が理想の営業なのではと考えているからです。
そのためには、小さい約束事を必ず守ることや、お客さんに対する姿勢が重要になってくると感じていますね。
まずは信頼を重ねることを重要だと考えていますが、その先には市場の知識なども勉強していかないと営業としての信頼はいただけないかなと思っているので、学ぶ姿勢は常になければいけないなと感じています。
それがきちんと身についてからが一人前だと感じているので、早く一人前になれるように頑張ります!
もちろんこれからどんどん後輩も入ってくるので、後輩の見本となれるようなビジネスマンになりたいです。
僕は入社した時は、正直なところ収入が第一で考えていたけど、最近考え方がすごく変わってきたんだよね。
インターワークスの経営陣がよく言っていることなんだけど、「インターワークスという会社じゃなくても活躍できるようになってほしい」っていうことはどんなことかを考えるようになったんだ。その時に今後もっと部下が増えたり、事業のPLを見なくてはならなくなったりしたときに、いまの知識レベルではついていけないと思うから、転職をしても活躍できる人材にはなれないと気づいたんだよね。だから、インターワークスで若いうちに新しい仕事やポジションにチャレンジしたいと思ってるんだ。
マネージャーを経験したりすると今後自分が何をやりたいか発見があったり、見える景色が変わってくると思うから、そこに早い段階で到達できるよう、成長のためにちゃんと勉強もしていこうと思ってるよ。
僕も「どこでも通用する人材」というのは意識してるな。入社したタイミングではそういうことは考えていなかったけど上司や先輩に教えてもらう中で、ちゃんとビジネスを学びたいなと思うようになったんだ。今は商材が変わろうがチームが変わろうが活躍できる営業になりたいと思うし、上のポジションに立ったときに、自分だけではなく再現性がある組織にできるようになりたいなと思ってるよ。
あとはもしマネージャーになったときには売上を達成することだけではなく、新卒にロジカルに説明できる状態じゃないと再現性がある組織にすることは厳しいと思うから、そのためにビジネスとしてちゃんとした考えを僕も学んでいかなきゃいけないなと思ってるんだ。
新卒(後輩)にも先輩をどんどん突き上げていってほしいね!
そうだね!
pic03 pic03_sp

※記事の内容及びプロフィールは2018年10月の取材当時のものです

ENTRY

インターワークスでは私たちの理念に同意いただける仲間を広く募集しています

インターワークスでは
私たちの理念に同意いただける仲間を
広く募集しています